研究所ネットワーク国際シンポジウム

国立大学が平成16年4月1日から国立大学法人となったことに伴い、国立大学附置研究所は大学の一員として、広く産業界への門戸を開くことにより産学官交流を促進させ、その研究成果を社会へ還元するという使命をこれまで以上に担うこととなりました。 そこで、附置研究所の取り組み及び研究成果を明確に社会へ発信し、より一層社会への貢献に資することを目的として、以下の生命系附置研究所が連合して、新しい試みの国際シンポジウムを年1回開催しています(主催大学一覧はこちら)。微研からは、毎年1月に行われる研究業績発表会の最優秀学術賞を若手研究者による口頭講演に、優秀学術賞(2名)をポスター発表に選出しています。

このページのトップへ

開催の様子

第11回シンポジウムが、2017年1月26日-27日の2日間に渡って徳島大学疾患酵素学研究センターの主催で開催されました。

Early Carrier Investigator Award受賞者木戸屋 浩康(大阪大学微生物病研究所)
Best Poster Award受賞者喜多 泰之(九州大学生体防御医学研究所)
今村 龍(金沢大学がん研究所)
ポ ブーンミン(東京大学医科学研究所)

※ 敬称略

このページのトップへ

過去のNews

  • 第11回シンポジウムが、2017年1月26日・27日の2日間に渡って徳島大学疾患酵素学研究センターの主催で開催されました。
    Early Carrier Investigator Awardは木戸屋 浩康(大阪大学微生物病研究所)が、Best Poster Awardは喜多 泰之(九州大学生体防御医学研究所)、今村 龍(金沢大学がん研究所)、ポ ブーンミン(東京大学医科学研究所)が受賞されました。詳細はこちらをご覧ください。
  • 第10回シンポジウムが、2015年7月23日・24日の2日間に渡って北海道大学遺伝子病制御研究所の主催で開催されました。
    Young Investigator Awardは倉島 洋介(東京大学医科学研究所)が、Poster Awardは河村 佳見(北海道大学遺伝子病制御研究所)、弓本 佳苗(九州大学生体防御医学研究所)、中山 瑞穂(金沢大学がん進展制御研究所)、佐々木 彩名(北海道大学遺伝子病制御研究所)、本田 知之(京都大学ウイルス研究所)が受賞されました。詳細はこちらをご覧ください。
  • 第9回シンポジウムが、2014年6月19日・20日の2日間に渡って大阪大学蛋白質研究所と微生物病研究所の共催で開催されました。
    Young Investigator Awardは若林 卓さん(大阪大学微生物病研究所)が、Poster Awardは佐藤 裕公さん(大阪大学微生物病研究所)、宮脇 慎吾さん(北海道大学遺伝子病制御研究所)、片山 雄太さん(九州大学生体防御医学研究所)が受賞されました。詳細はこちらをご覧ください。
  • 第8回シンポジウムが、2013年6月27日・28日の2日間に渡って京都大学再生医科学研究所主催で開催されました。
    Young Investigator Awardは梶田 美穂子さん(北海道大学遺伝子病制御研究所)が、Poster Awardは中津海 洋一さん(九州大学生体防御医学研究所)、藤原 祥高さん(大阪大学微生物病研究所)、岩崎 秀典さん(大阪大学微生物病研究所)が受賞されました。詳細はこちらをご覧ください。
  • 第7回シンポジウムが、2012年6月14日・15日の2日間に渡って東北大学加齢医学研究所主催で開催されました。
    Young Investigator Awardは諸石 寿朗 学術研究員(九州大学生体防御医学研究所)が、Poster AwardはHanna Leeさん(大阪大学微生物病研究所)、北嶋 俊輔 博士研究員(金沢大学がん進展制御研究所)、篠﨑 夏子さん(東北大学加齢医学研究所)が受賞されました。詳細はこちらをご覧ください。
  • 第6回シンポジウムが東京医科歯科大学難治疾患研究所の担当により、4名の海外研究者を交えて、2011年6月9日・10日の2日間に渡って開催されました。川口 寧 博士(東京大学医科学研究所)がYoung Investigator Awardを、岩崎 秀典さん(大阪大学微生物病研究所)、井口 誠士さん(大阪大学蛋白質研究所)がPoster Awardを受賞されました。詳細はこちらをご覧ください。
  • 第5回シンポジウムにて、木戸屋 浩康 博士(大阪大学微生物病研究所)がYoung Investigator Awardを、後藤 和人 博士(九州大学生体防御医学研究所)、中村 晃 博士(東北大学加齢医学研究所)、星居 孝之 博士(金沢大学がん研究所)がPoster Awardを受賞されました。
このページのトップへ

開催記録

回 / 日程担当場所テーマ備考
第10回
2015.7.23~24
北海道大学
遺伝子病制御研究所
北海道大学
学友会館「フラテ」
Towards the next generation research for cancer and Immunologyプログラム
ポスター
Web
第9回
2014.6.19~20
大阪大学
蛋白質研究所
微生物病研究所
大阪大学銀杏会館Molecular Targets for Diseases and Structural Life Scienceプログラム
ポスター
Web
第8回
2013.6.27~28
京都大学
再生医科学研究所
京都大学芝蘭会館Frontier in Medical Science and Engineering for Regenerative Medicineプログラム
ポスター
Web
第7回
2012.6.14~15
東北大学
加齢医学研究所
東北大学加齢医学研究所 スマート・エイジング国際共同研究センター 国際会議室Research Frontiers for Smart Agingプログラム
ポスター
Web
第6回
2011.6.9~10
東京医科歯科大学
難治疾患研究所
東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂Research breakthroughs in intractable diseasesプログラム
ポスター
Web
第5回
2010.6.24~25
金沢大学
がん研究所
KKRホテル金沢Molecular and Cellular Targets for Cancer, Infectious Diseases and Regenerationプログラム
ポスター
Web
第4回
2009.1.31~2.1
大阪大学
微生物病研究所
ホテル阪急エキスポパークLife Science against Intractable Diseasesプログラム
ポスター
Web
第3回
2008.2.1~2
九州大学
生体防御医学研究所
別府亀の井ホテルCell-fate Decision: Function and Dysfunction in Host Defense -Tumor, Infection and Immunity-プログラム
ポスター
Web
第2回
2006.5.30~31
京都大学
ウイルス研究所
京都大学医学部芝蘭会館Revisiting Life Science from Half Century of Virus Researchポスター
Web
第1回
2005.7.22~24
東京大学
医科学研究所
医科研講堂、医科研病院8階会議室ゲノムシステム医科学-Bench to Bedsides-ポスター
Web
このページのトップへ

研究所ネットワーク国際シンポジウム 主催機関一覧

  • 北海道大学遺伝子病制御研究所
  • 東北大学加齢医学研究所
  • 金沢大学がん研究所
  • 東京大学医科学研究所
  • 東京医科歯科大学難治疾患研究所
  • 京都大学ウイルス研究所
  • 京都大学再生医科学研究所
  • 大阪大学微生物病研究所
  • 大阪大学蛋白質研究所
  • 徳島大学疾患酵素学研究センター
  • 九州大学生体防御医学研究所
このページのトップへ
トップへ戻る