平成27年度 開催の様子

2015年12月11日(金)に平成27年度 大集談会(研究業績報告会・学術講演会)が開催されました。
恒例の3分野からの研究業績報告講演(審良静男教授、岡田雅人教授、三木裕明教授)が行われた後、京都産業大学総合生命科学部シニアリサーチフェロー 伊藤維昭博士により「遺伝情報の翻訳に携わる分子の自律性」という演題で学術講演会が開催されました。

研究業績報告会

※ 画像にマウスを乗せると画像の詳細が見ることができます。

開会式の様子
報告会の様子

学術講演会

当日のプログラム

研究業績報告会司会: 評価検討委員 山本 雅裕 教授
13:00~13:10開会挨拶: 松浦 善治 微生物病研究所 所長
13:10~13:55自然免疫学分野
審良 静男 教授
「mRNA の分解による免疫・炎症反応制御」
13:55~14:40発癌制御研究分野
岡田 雅人 教授
「Src とがん進展」
14:40~15:25細胞制御分野
三木 裕明 教授
「細胞のマグネシウム調節とがんの悪性化」
15:25~15:50休 憩
学術講演会司会: 評価検討委員 山本 雅裕 教授
15:50~16:00松浦所長 挨拶
16:00~17:00伊藤 維昭 博士
京都産業大学 シニアリサーチフェロー
「遺伝情報の翻訳に携わる分子の自律性」

Dr. Koreaki Ito
(Senior Research Fellow, Structural Biology Research Center, Kyoto Sangyo University)
"Molecular autonomy in translation of the genetic message"
このページのトップへ
トップへ戻る